EDIシステム

品質・FSSC

食の安全を第一に考えた
柳沢製袋の答えです

柳沢製袋の品質安心・安全を実現するためのこだわり

独自の品質保証システムYFSMS(柳沢食品安全マネジメントシステム)

柳沢製袋では、独自の品質保証システムYFSMS(柳沢食品安全マネジメントシステム)を構築しています。これは、食品の安全に関わるマネジメントシステム「FSSC22000」、および業界の基準である品質マネジメントシステム「ISO22000」の設計・開発の仕組みを補完的に融合し、資材の仕入れから製造、販売まですべての段階で安全と品質を保証するシステムです。
このマネジメントシステムを運用しながらPDCAサイクルを回し続けることによってシステムの有効性を高め、顧客満足の向上につなげています。

品質を確保するための取り組み
  • 「YFSMS(柳沢食品安全マネジメントシステム)」を各現場で実践
    「YFSMS」で設定した各種ルール・基準を従業員の行動に反映させ、一人ひとりが各々の現場で責任と自覚を持って安全・品質管理に取り組んでいます。
  • 品質検査及び品質テスト
    資材、製造工程、試作品、そして完成した製品について厳密に検査し、品質を評価・確認しています。業界でも屈指の検査機器(充填試験機、落下試験機、滑り試験機)を整備し、多岐にわたる検査に対応。高度な検査機器に加え、訓練された検査員で万全の検査体制を整えています。
  • トレーサビリティーの確保
    資材の調達から、製造、製品の流通にいたる各段階で記録を整備し、たどってきた過程と状況を追跡できる体制を整備しています。その過程に問題がないことを確認・検証することで、品質、安全、適正を確保しています。(ヤナギサワWebシステム)

FSSC 22000
ISO 22000食品安全マネジメントの導入

FSSCISO
FSSC22000/ISO22000取得のメリット
● 対外的メリット
  • 国際標準に基づく前提条件プログラムを確立し、運用することにより、顧客による二者監査の円滑化を図ることができます。
  • 包括的なサプライヤー管理を行う食品メーカー・流通チェーンなど、新規市場への参入機会を拡大することができます。
  • 消費者や取引先に安全・安心な製品・サービスの提供をPRでき、取引の優位性が向上します。
  • 原材料調達からエンドユーザーまで、サプライチェーン全体の管理が可能になります。
● 対内的なメリット
  • 食品安全ハザードの明確化により、工程トラブルへの予防処置および製品回収リスクの低減を図ることができます。
  • フードディフェンス(食品防御)への対応強化を図ることができます。
  • 効果的・効率的な一般衛生管理の仕組みを構築・運用することにより、業務改善に寄与します。
  • 製造工程の可視化により、ムダが排除され、作業効率の改善、歩留り改善を図ることができます。

金属探知機

異物の混入を防ぐ

5Sの徹底

危険防止対策

柳沢製袋の製品を使うメリット

短納期、小ロット、カスタム対応
印刷~出荷まで自社内で完結する一貫した生産ラインによる柳沢製袋独自の生産管理システム徹底した生産性。さらにネット上からの受発注システムによりタイムラグの減少、スピーディーに出入庫できる自動ラック倉庫を設置することで、いついかなるオーダーにも迅速にお応えしています。
徹底したフードディフェンスが規定されている
最近注目されているフードディフェンスにおいてはカメラの設置による監視、入り口の制限及びチェック、また万一の災害で生産が停止時した場合にもお客様に製品の供給が途切れないように技術・生産提携した協力会社による災害時供給も完備しています。
長年の培われた技術と豊富なノウハウ。
柳沢製袋は長年の実績から生まれた「お客様本位」のコンセプトで常にあらゆるお客様の要望にお応えするよう新しい技術、製品を作り続けています。
最先端の規格に対応した工場設備(インボックス、FSSC22000取得等)
食品安全の世界基準であるFSSC22000/ISO22000取得。
インボックス化による徹底した食品安全衛生管理を実現
資材の搬入出時にはエアカーテン・エアシャワー、異物混入検査、金属探知等の安全品質を実施。
徹底した品質管理と充実した試験体制
ISO22000規格に基づき、徹底した全品検査及び出荷前検査を行っています。
製品品質では充填試験、落下試験、滑り試験など厳しい自社基準を設定し製品開発に取り組んでいます。

 

「上記以外にも在庫管理・受発注システムの導入、また安全性を保持しながらコストの低減を実現するための取り組みを行っております。」

短納期、小ロット、カスタム対応 徹底したフードディフェンスが規定されている
印刷~出荷まで自社内で完結する一貫した生産ラインによる柳沢製袋独自の生産管理システム徹底した生産性。さらにネット上からの受発注システムによりタイムラグの減少、スピーディーに出入庫できる自動ラック倉庫を設置することで、いついかなるオーダーにも迅速にお応えしています。 最近注目されているフードディフェンスにおいてはカメラの設置による監視、入り口の制限及びチェック、また万一の災害で生産が停止時した場合にもお客様に製品の供給が途切れないように技術・生産提携した協力会社による災害時供給も完備しています。
長年の培われた技術と豊富なノウハウ。 最先端の規格に対応した工場設備(インボックス、FSSC22000取得等)
柳沢製袋は長年の実績から生まれた「お客様本位」のコンセプトで常にあらゆるお客様の要望にお応えするよう新しい技術、製品を作り続けています。 食品安全の世界基準であるFSSC22000/ISO22000取得。
インボックス化による徹底した食品安全衛生管理を実現
資材の搬入出時にはエアカーテン・エアシャワー、異物混入検査、金属探知等の安全品質を実施。
徹底した品質管理と充実した試験体制
ISO22000規格に基づき、徹底した全品検査及び出荷前検査を行っています。
製品品質では充填試験、落下試験、滑り試験など厳しい自社基準を設定し製品開発に取り組んでいます。

 

上記以外にも在庫管理・受発注システムの導入、また安全性を保持しながらコストの低減を実現するための取り組みを行っております。

BCP (事業継続計画書)への取組

BCP対策とは、BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)をする対策のことで、自然災害や人的災害など不測の事態が発生しても、企業の業務がストップすることなく円滑に事業を継続または迅速に復旧させることが目的です。
トラブルによる業務の停滞は、顧客流出や企業の信頼を損なう恐れもあり、BCP対策によるリスクヘッジは企業にとって必要不可欠な取り組みです。

 

柳沢製袋ではBCP対策として九州地区に拠点を持つ「中央製袋株式会社」とパートナーシップ契約を結んでいます。

危険発生時のバックアップ体制は下記の通りです。(いずれも被災企業から非被災企業に対するものです)

 

 

代替提供、実施に関するもの
BCPへの取組のひとつである分散化のコストデメリットを解消する「代替手段」を柳沢製袋は実施しています。
この代替手段は、トラブルや災害が発生した際に事業の継続性を守るため、重要なインフラやシステム、体系を一時的に別の方法で代替する手段です。
支援に関するもの
両社は地域的に遠方にあるメリットに加え、製造設備や製造品等が非常によく似ており、技術交流を盛んに行うことで相互の会社が遜色ない品質で製品の提供を可能にしています。
またお互いのサプライチェーンが異なる為、クラフト原紙・副資材等の原材料の確保に対するリスクを減らすことが可能です。
通信システムに関するもの
お互いの生産システムの互換性を持つことで製品仕様、在庫状況、受発注内容をオンラインで確認できるシステムを開発しています。(EDIシステム参照

BCP対策とは、BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)をする対策のことで、自然災害や人的災害など不測の事態が発生しても、企業の業務がストップすることなく円滑に事業を継続または迅速に復旧させることが目的です。
トラブルによる業務の停滞は、顧客流出や企業の信頼を損なう恐れもあり、BCP対策によるリスクヘッジは企業にとって必要不可欠な取り組みです。

 

柳沢製袋ではBCP対策として九州地区に拠点を持つ「中央製袋株式会社」とパートナーシップ契約を結んでいます。

危険発生時のバックアップ体制は下記の通りです。(いずれも被災企業から非被災企業に対するものです)

 

 

 

代替提供、実施に関するもの 支援に関するもの
BCPへの取組のひとつである分散化のコストデメリットを解消する「代替手段」を柳沢製袋は実施しています。
この代替手段は、トラブルや災害が発生した際に事業の継続性を守るため、重要なインフラやシステム、体系を一時的に別の方法で代替する手段です。
両社は地域的に遠方にあるメリットに加え、製造設備や製造品等が非常によく似ており、技術交流を盛んに行うことで相互の会社が遜色ない品質で製品の提供を可能にしています。
またお互いのサプライチェーンが異なる為、クラフト原紙・副資材等の原材料の確保に対するリスクを減らすことが可能です。
通信システムに関するもの
お互いの生産システムの互換性を持つことで製品仕様、在庫状況、受発注内容をオンラインで確認できるシステムを開発しています。(EDIシステム参照